福井ICT推進協議会の支援でスマホをエンジョイ

勉強内容の紹介

ふくいICT倶楽部は、「エンジョイスマホサークル」を開催し、市民の皆様に生活に役つスマホの使い方の支援活動をしています。   内容は、スマホの基本、インターネット接続の仕方、LINEやGoogleサービス等のアプリの習得を勉強しています。参加者のスキルと目的に合わせてお教えしていますので、スマホを初めて使用する方も安心してご参加下さい。

勉強内容を下記にご紹介します。 

スマホの操作と画面操作

● 基本設定と操作・ホーム画面の見方と整理
● 文字入力・音声入力・メール・電話
● アプリのインストール

会話アプリLINE

● LINEア登録・友だち登録
● トーク・無料通話・ビデオ通話

● グループ通話
● 写真送付・ファイル送付

インターネットを学ぶ

● インターネットの仕組み
● LTE通信とWi-Fi無線LAN

Googleサービス

● Googleサービスについて
● Googleアカウント取得

● Googleサービスの習得



Googleフォトで写真を管理・編集します

Google(グーグル)フォトで写真活用

● スマホで撮影した写真編集・アルバム作成
● 写真のアップロード・削除
● LINE・メールへの転送

スマートフォンでWi-Fi設定する方法を学びます

Wi-Fi設定

● Wi-Fiスポット局(SSID)とパスワード
● スマホでのWi-Fi設定

Googleマップでの地図確認や活用方法

Google(グーグル)マップを学ぶ

● 周辺の地図閲覧・タイムライン設定
● 目的地へのルート、時間検索
● 目的地への乗り継ぎ確認


LINEの操作や活用方法を学びます

会話アプリLINE

● LINEアカウントの取得・友だち登録
● トーク・無料通話・ビデオ通話・グループ通話
● 写真送付・ファイル送付
● 高齢者の孤独化防止
● 聴覚障がい者の健聴者との会話

Googleカレンダーの操作方法を学びます

Googleカレンダー

● マイカレンダーの作成・分類管理
● カレンダーの共有・リマインダー等
● カレンダーのホームページ埋め込み

Gmailの設定やメール作成方法を学びます

Gmail

● Gmail・webメールとソフトメールについて
● アカウントの設定・追加
● メール作成・送付&ファイル添付


クラウドの概要や種類・活用方法を学びます

クラウド

● クラウドの概要
● Googleクラウド
● Dropbox等クラウドサービス概要
● ファイルの作成・保管管理

● チケット・クーポン情報を入手し生活に役に立てます
● 音楽・映画を閲覧し、生活に潤いを与えます

生活に役立つ情報や趣味が充実するアプリです

●スマホ決済

各種スマホ決済の利用


視覚に障害のある方と健聴者の会話アプリ

会話アプリ・こえとら

会話アプリ「こえとら」

株式会社フィートが、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が開発した音声認識技術・音声合成技術を利用して開発した会話アプリ。聴覚障がい者は、「こえとら」で「手書」、「キーボード入力」、「音声入力」で手話の出来ない友達、店舗、役所、病院等で会話をすることができ、社会参画を促進します。

会話アプリ・UD手書き

会話アプリ「UD手書き」

株式会社プラスヴォイスが開発した聴覚障がい者と健聴者の会話アプリ。2013年 IAUDアウォード「コミュニケーションデザイン部門」金賞受賞した

聴覚障がい者は「UD手書き」で「手書」、「音声入力」で手話の出来ない友達、店舗、役所、病院等で会話をすることができ、社会参画を促進します。

会話アプリ「UD手書きPro」

株式会社プラスヴォイスが開発した聴覚障がい者と健聴者の会話アプリ。

手書き+音声認識+翻訳


LTE回線(音声通信)とデータ通信とデータ通信費の関係

高齢者の方から、前月より高額の料金請求を受け、支払ったと相談を受けます。この原因は、TV電話、YouTube、ビデオ映像、情報収集はデータ量に応じて課金されている事を理解していない事に起因しています。

スマホの課金の仕組みを下記に説明しますので、下図(スマホのネット接続と課金の仕組み)を参照し理解して下さい。

1.スマホのネット接続と課金の仕組み

  1)スマホは、音声通信とデータ通信を行っています。

  2)音声通信は

    ・電話を言い、LTE回線を使用し、課金されます。

    ・Wi-Fi通信範囲で電話をしても、LTE回線を利用し課金されます。

  3)データ通信は、情報収集、ビデオ通話、YouTube、音楽等の通信を言い、課金の仕組みは次の通りです。

    ・Wi-Fi通信を利用すると課金されません。(利用者のデータ通信契約金額の課金対象とならないの意味)

    ・Wi-Fi通信を利用しないと、LTE回線を利用する事になり課金されます。高額請求の原因は、これが主原因です。

    ・スマホは、Wi-Fi通信を優先する仕組みになっています。そのため、スマホが設定されたWi-Fi通信範囲に入ると自動的にデータ通信は

     Wi-Fi通信を利用し、課金対象になりません。

    ・データ通信は、双方向通信で出す側も受ける側もデータ通信費が掛ります。これが電話との大きな違いです。従いまして、ビデオ通話や

     動画を受けとる側もデータ通信費が掛かりますので、受ける側がWi-Fi通信を利用しているか事前に確認して下さい。

        例えば、LINEでビデオ通話をした場合、受ける側もビデオ通話のデータ通信費が掛かります。

 

2.データ通信量1GBの通信時間

  LINEのビデオ通話やYouTube等の動画は、チャット(トーク)や音声通話に比べてデータ量が多く、Wi-Fi通信を利用しないとデータ通信料が

  高額となります。1GB当たりの通信時間を下記に記載していますので、参考にして下さい。

  

これらの事から、データ通信をする場合は、Wi-Fiを利用し、受け取る方もWi-Fiを利用しているか配慮して下さい。